ワクチン

子犬・子猫は、生後2ヵ月齢~4ヵ月齢くらいまで母親からもらった免疫(移行抗体)をもっていることがあります。

移行抗体を持っている間にワクチンを接種しても効果が十分に期待できないため、初回ワクチンは免疫が切れる頃から2~3回接種するようになります。

  • 当院では5種混合ワクチン・6種混合ワクチン・9種混合ワクチン・11種混合ワクチンを取り扱っています。
  • その他の混合ワクチン・単ワクチン(レプトスピラ病)についてはお問い合わせください。
  •   5種 6種 9種
    11種
    犬ジステンパー
    犬アデノウイルス2型感染症
    犬伝染性肝炎
    犬パラインフルエンザ
    犬パルボウイルス感染症
    犬コロナウイルス感染症  
    犬レプトスピラ病
    黄疸出血型
       
    犬レプトスピラ病
    カニコーラ型
       
    ヘブドマディス    
    オータムナリス      
    オーストラリス      

  • 当院では3種混合ワクチン・4種混合ワクチンを取り扱っています。
  • その他の混合ワクチン・単ワクチン(猫エイズ)についてはお問い合わせください。
      3種 4種
    猫ウイルス性鼻気管炎
    猫カリシウイルス感染症3価
    猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)
    猫白血病ウイルス感染症  

狂犬病予防ワクチン

  • 狂犬病予防法で、狂犬病予防ワクチン接種が義務付けられています。
  • 生後91日以上の飼い犬に必要となり、一年に一回のワクチン接種をしなければなりません。